新卒サラリーマンエンジニアの転職ストラテジー

大学卒業後、新卒でSIerに入社。転職に向けて準備中。

転職に向けてエンジニアとしてやるべきことを考えてみた

スポンサーリンク

さて、前回記事を投稿してから少し時間が経ってしまいました。

現在私はSIerシステムエンジニアとして仕事をしています。
転職するとしたらどんな仕事に転職したいかと考えた結果やはりエンジニアとして
今後も生きていきたいと思いました。
最近は少しだけ余裕があるので転職に向けてエンジニアとしてやるべきことを考えてみました。

1.自己分析

転職したいと思っているということは、現在の仕事は何か嫌なところがあるはずです。
何が気に入らないのか、何をしたいのか。そういうことをしっかり整理して次は失敗しないようにしたいです。
ちなみに今はSIerをしていますが、転職するなら ウェブ業界か自社システム開発(WEBアプリケーション)を
メインでしているところにいきたいと考えています。

2.転職先を探す

1の延長線上にあると思いますが、次の転職先を探すことは必須だと思います。
できるだけ、たくさんの情報を集めて自分に合っているかをしっかりと確認して、選考を受けていきたいです。

3.資格取得

現在、応用情報技術者の資格取得に向けて勉強中です。
基本情報技術者は取得していますが、少しでも転職を有利にしたいのであれば、上のレベルの資格を取るべきだと思います。
できれば応用情報まで取って辞めたいです。

4.病気を治す

実は私は社会人になって1年目でうつ病になりました。
今でも通院しています。
うつ病心療内科に行っていますが、仕事は休職していません。
薬を飲みながら騙し騙しやっています。
病んでしまうと、やはり完治には時間がかかるなあと感じました。
ブラックだってわかった瞬間にすぐに会社を辞めていればこんなことにはならなかったのにと少し後悔しています。
病気になってしまったものは仕方ないので、できるだけ早く完治を目指していきたいです。

5.作品作り

社会人二年目ということもあり、まだまだ実務経験は浅いと思います。
正直このままの状態で転職しても使い物にならないのではと感じます。
なので、次の転職先で使う技術を使って、システムを作りアピールしたいと考えています。

今日は転職に向けてやるべきことを整理してみました。
少しずつ準備して、幸せな未来を掴みたいです。